ゲームレビュー 本・ゲームレビュー

嘘つきゲームをネタバレ込みで語らせてくれ!!!

投稿日:2018年1月4日 更新日:

ネタバレありで、嘘つきゲームの感想を語ってみる

脱出ゲーム 嘘つきゲーム

脱出ゲーム 嘘つきゲーム
無料
posted with アプリーチ

去年の10月に無料とは思えない大ボリュームの推理・脱出ゲーム『嘘つきゲーム』のプレイ感想を綴った記事をあげたのですが、ネタバレを含めて語りたいなと思ったのでレビュー記事を改めてアップ。
基本的に好き放題語っているスタイル。

このゲーム、語るだけでネタバレになってしまうので前回の記事作成時では色々と自重したんですよね。
その分、今回はバチバチと感想を打てて超快適……!!!!

自分への備忘録も兼ねて作中の核心に触れまくっているので、これからプレイする方はご注意くださいませ。

 

↓ネタバレを極力伏せてるレビュー記事はこちら↓

【アプリゲー】超王道型デスゲーム「嘘つきゲーム(脱出ゲーム)」のギミックが凝ってて面白い!

罪と罰が向き合うデスゲームは伏線がいっぱい! 脱出ゲーム 嘘つきゲーム 開発元:Kousuke Wakayama 無料 posted with アプリーチ   このゲームがオススメのユーザー デスゲー ...

続きを見る

↓新アプリ「狼ゲーム」のレビュー記事はこちら↓

【アプリゲー】狼ゲームの精神攻撃と伏線の絶妙さが最高。ADV好きにオススメしたい!

 「だれか1人でも他人の為に行動出来れば…」を痛感するデスゲーム 脱出ゲーム 狼ゲーム 開発元:Kousuke Wakayama 無料 posted with アプリーチ   このアプリがオススメのユ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

※以下に使用している画像は、Stduio Wasabi様の利用ルールに基づいて、使っております※

 

主犯格と共犯者について

嘘つきゲームの主犯は主人公(本名/シュウタ)と鈴村サオリでした。
サオリのような清純派系が実は……が非常に大好物な身としてはツボすぎるオチだったり。
(普通にサオリがいい子だったらどうしよう、とハラハラしながらプレイしていたので)

二人は過去に犯罪で親を失い、孤児院で知り合った仲。
犯罪者が救われ、被害者が泣き寝入りをしなければならない不条理を共有し合った二人は「被害者が1人でも報われれば」と、嘘つきゲームを主催することに……。
ゲーム会場は元孤児院なのかな?

それにしても、二人の行動力がやばすぎて、あらゆる道具はどこで手に入れたんだろうと感じつつ、殺人鬼への執念を感じました。

また、シュウタが記憶喪失になっていたのは本人の意向とのこと。毎回、記憶喪失になってゲームに参加しているようです。
(自分の命に対する価値への拘りで記憶を薬で消してる)

ピョートルは、シュウタ&サオリが作ったものかと思うのですが、意思に反して動いているシーンがあるので自動的に動くようにシステムを組み込んだのかな?と解釈。

最終的にサオリはシュウタへの想いを告げながら死亡。
一見、処刑で死んだように見えますが、私は『サオリが自ら死を選んだ結果(自殺)』に感じました。

もし、サオリがもっと早くシュウタへの恋愛感情を自覚し、嘘つきゲーム開始前に想いを曝露していたら、二人が温かい家庭を作っていた可能性が……いや、それは流石に難しいか。たぶん、シュウタが拒否しそう。
(自分でツッコミを入れてへこむスタイル)

残されたシュウタがどうなるかは不明のまま物語は締め括られましたが、なんとなくシュウタはあの後、サオリの後を追ってしまったのではと思っています。

シュウタとサオリの同じ痛みを知っているからこその絆と、固い絆があったはずなのに、シュウタがサオリの本意に気づかぬまま彼女を失ってしまう皮肉さ加減が愛おしいの一言。
(憎んでいた殺人鬼と同じ側になってしまったから故の罰なのかもしれませんね)

【2018/3/14追記】
Stduio Wasabi様からリリースされた「狼ゲーム」内にシュウタもとい、嘘つきゲームに関する資料が証拠として出てきました。
(狼ゲームの主催が嘘つきゲームの全貌を参考にしたんですかね?)
資料を一通り読むと、シュウタは行方不明のままのようです。
サオリの遺体だけ丁寧に埋葬していたという文面で涙腺かなり緩みました。

 

登場キャラクターについて

シュウタ・サオリ以外のキャラクター感想をつらつらと。

登場して間もなく消えたヤンキーと、途中で退場したセイコの罪ついては2週目で読める主犯の日記(おそらくシュウタが書いたもの)で判明しますので、その旨についても記載。

※以下、主人公は『シュウタ』で統一しています

 

ヤンキー(本名不明)

序盤、デスゲームあるある(デスゲームの参加を拒否)で退場した彼です。
デスゲームにおけるヤンキーキャラは高確率で死ぬ。知ってた。

いやー、最初にピョートルへ絡んだ瞬間「こいつ死ぬわ」と思ったら見事にKILLされましたね。
あそこまで華麗にテンプレ回収してくれるとは……と感動をせずにはいられませんでした。
(公式様のTwitterアカウントでもネタにされていた模様)

彼は過去に殺人をしており、その罪を気弱な後輩になすりつけていたようです。

嘘つきゲーム自体がダンロン風な雰囲気があったため、某超高校級の絶望さんみたいにラスボスとして出てくると思ったらそんなことなかったですね……
普通にクズでシュウタとサオリの嘘つきゲームに巻き込まれたオチ。

大里 タケシ

1章の犯人。
大手企業の令嬢と結婚し、そのコネで働いていましたが不倫がばれ、会社をクビになった腹いせに妻を殺害。

「こいつ、女何人も抱いてそう」と思ったらやっぱり不倫経験者だった……
最初の方で脱落してなければ、ミクやサオリ、セイコに手を出していたのかもとか邪推してみたり。

調子に乗ると言動が軽くなるので、バレバレの浮気してたんだろうなぁ……
彼の死亡後に得られる結婚当時の写真を見る限り、新婚時は本当に妻を愛していたのかもしれません。
(地位と名誉を得過ぎて浮気に走ったと予想)

そういえば、1章の探索パートでミクがタケシのネームプレートを持っていたのでミクがタケシの愛人かと勘違いしていた時期がありました。

2週目に存在だけ出て来た、浮気がばれたから夫を殺した女性(過去の嘘つきゲーム参加者)とは流石に関係ないかな?
(一瞬、タケシの不倫相手かな?と思ったので)

笹本 ダイチ

2章の犯人。
フレンズが大好きなオタク。
くそっ……他人には思えないのが悔しい……!!

ネットゲームに夢中になるあまり、病気の母親を見殺しにしたネトゲ社会の闇要員でもあります。
漫画家を目指しているものの、鞄に初心者用の道具があったりしていたので全然漫画を描いていなかった可能性が濃厚ですね。
萌え絵師に覚醒してイラストレーターになっていれば、フレンズに関わる仕事につけたかもしれないのに……
(性格的に無理か)

昔はいい子だったらしい欠片が彼の死亡後に判明しますが、母親の優しさに甘えきってしまった結果なのかもしれませんね。
(母子家庭だったので母親も強く言えなかったのかも?)

ダイチの過去を色々想像すると、鬱系しか思い浮かばなくてひたすら憂鬱に……
処刑シーンが深読みするとグロかったのも印象的でした。

柳 セイコ

3章の被害者。
クールビューティー系なヒロインオーラを出していたにも関わらず、途中退場してしまった衝撃はかなり大きかったです。

彼女の犯罪歴は詐欺
過去に結婚詐欺を繰り返し、何人もの男性を自殺に追いやったというトンデモ経歴の持ち主でした。
お金は美容整形のために使っていたとか。

マサキの本性に気づいていたと思われる頭の良さと、ゲスいであろう性格は途中退場にはもったいなさすぎる……
嘘つきゲームの裁判パートで戦いたかったです。
きっと沢山の顔芸を披露してくれたでしょう。

年齢は不詳のままでした。
シュウタがセイコ死亡後に入手できるセイコの写真に対し「意外に年上なんだ」と呟くシーンがあることから、素の顔はゲーム中のセイコとは似ても似つかない容姿かも?

ルート分岐で3章で論破し合う(戦う)相手がマサキorセイコで変わる展開とか見たかった。

桐谷 マサキ

3章の犯人。
私の大好きなクソ眼鏡枠かなと期待してたら予想以上のサイコ野郎で大歓喜。
バッドエンドでシュウタを殺す時の1枚絵最高でしたね。

サオリと並んでお気に入りのキャラクターです。

マサキの犯罪歴はストーカーおよび、殺人。
ネットで知り合った女性(立川あいみ)へ一方的に好意を寄せ、ストーカーに……
最終的には想い人を自殺に見せかけて殺したとのこと。

あいみを殺した時のマサキの言動がサイコパスすぎてゾクゾクしました。

ただ、セイコ殺害時の状況がガバガバ犯行にしか見えなくて…なんでや工藤な気持ちに。

あんなガバガバ殺人じゃ、あいみ殺害時に逮捕されてたのでは?
警察がコナン・金田一世界クラスのへっぽこだったのか、あいみ殺害時は手際が良かったのか気になるところです。
(セイコは衝動的にやってしまったからガバガバだったのかも?)

神田 ミク

4章の犯人。
清々しいほどの腹黒&クズっぷりが数週回って可愛かったです。

彼女はマネージャーと恋愛関係にあり、それをメンバー(センターの女の子)に知られ、脅されていたそうです。
その後、マネージャーと共謀し、メンバーを事故死に見せかけて殺そうとしましたが、ミクが『あるミス』を犯してしまったせいで無関係のメンバーの子を殺してしまいました。
殺されたメンバーの家族のことを考えると辛すぎる……

そういえば、2週目で黒パーカーの正体がサオリだったことが判明しますが(ミクが「シュウタが怪しいから殺そう」と言ったのがきっかけだった)下手したら4章の被害者になってた可能性が。

最後まで主人公を疑っていたのはアイドルグループ内のギスギスで疑心暗鬼の中、トップを勝ち取った名残なのかな?と感じました。
そんな彼女の支えになっていたのがマネージャーかもと思うとちょっと切ないです。

そういえば、ミクのマネージャーもある意味殺人鬼なので、2週目で読める犯人の日記などで彼が嘘つきゲームに巻き込まれていないかチェックしましたが、特になにもなかったです。残念。

モモコ(管理人)

改めて語ると、濃いキャラ、濃いストーリーと無料アプリとは思えないゲームだと感じました。
全員アレなのに、ついつい魅力を感じてしまうという……

本当、サオリ大好き……!!!!

今後は別のデスゲーム(脱出ゲーム?)もリリースされるらしいので、StudioWasabi様のアプリ開発を水面下でこっそり熱く応援していければと思っております。

 

オマケ 追加機能が搭載される日が来る!?

※2018年3月に公式Twitterアカウントからお知らせがあったので変更しました※

今後、セイコとマサキの新シナリオが追加されるそうです。やったー!!
2018年3月中にアップ予定とのこと。

 

スポンサーリンク

-ゲームレビュー, 本・ゲームレビュー
-, , , , ,

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2018 All Rights Reserved.