コミックレビュー

【ネタバレあり】無能なナナ53話「無能力PART3」→中島ナナオは、生存しなかった方が幸せだったのかもしれない

無能なナナ、7巻の内容が面白過ぎて「続きが読みたい!!」という気持ちが抑えられず、電子書籍版で7巻直後~2020年11月17日時点の最新分のガンガンを一気に購入してきました。
(でもって、せっかくなのでレビューしよう→レビューしたら次の話を読むスタイルで)

 

結果、シナリオの非情さガチで真顔になる。

 

7巻で生存が判明した中島ナナオですが、ナナだけではなく、ナナオにも凄いレベルの絶望を植え付けて辛いです。けれど、面白い。

彼が7巻分でナナだけでなく、能力者に対して恨みを抱いている理由の欠片が拾える上に鶴岡の本性らしき部分が露呈する重要回ですので、雑誌追いかけ組じゃなくても53話は超必見です!

 

以下では、少年ガンガン2020年10月号掲載分「53話 無能力PART3(7巻掲載分の直後)」に関するレビューを書いております。

ネタバレ厳禁な方はご注意ください。



無能なナナ 53話のストーリー

3ポイントでまとめてみた53話の展開

  1. ナナに崖から突き落とされたナナオは、鶴岡に助けられ医療施設(?)にて保護されていた。
  2. 自分に大けがをさせたナナに対し恨みごとではなく「事情があったのかな」と思うナナオ。その矢先、鶴岡はナナオの父親を連れて来る。
  3. 父親はナナオを恥さらしだと罵倒し、怪我を負ってるナナオに手をあげる。それに対し、ナナオは無意識で能力を発揮してしまい……

 

【補足】絶望しかない、ナナオの業がメイン

53話はナナオ視点の話。
7巻で変わり果てたナナオが、どうしてこうなったのかが綴られている。
(時系列的には、1巻1話後の話)

 

1話でナナに真っ先に殺されたナナオは、鶴岡が助けていた。

ナナオは、自分にもできることがあったのに、何もできずにいた後悔と、ナナの行動は事情があったのではと心配する。

この時点では、1話時点の弱気だけれど、誰かを想いやる優しい少年のままになっていた。
(冒頭で治療をしていた職員に対して能力を使い、怪我を負わせてしまったが、それに関しても反省し、職員の安否を気遣っている)

 

しかし、鶴岡が招いた、ナナオの父親が来たことで事態は一変。
怪我を負う息子に対し、父親は暴力をふるい、恥さらしだと罵倒する。

更には、骨折をしているナナオを無理やり土下座させ、鶴岡にもう一度『あの島(ナナたちがいた場所)』に戻して貰うよう頼ませようとした。

 

コンプレックス、畏怖などを抱きつつも、慕っていた肉親からの非情さにナナオは『無能力』を発揮し、父親を殺害してしまう。
(最初に無能力で怪我を負わせた職員は、死には至ってない(たぶん)ので、対父親で本格的な能力開花があったと思われる)

 

鶴岡はナナオを「いい拾い物」だと思っている描写があったので、恐らく、この状況を意図的に作った。

 

【感想】生きてて良かったね…な感情を即消し飛ばす。それが無能なナナ

7巻のナナオがダークサイドに落ちてた時点で嫌な予感しかしてませんでしたが、やっぱりバッドな展開だったよ……

ナナオは崖から落とされたので、生きてる可能性は他のナナが殺した能力者たちより断然高いとは思ってたものの、ナナオ的には生きてる方が辛いという。

根が優しいからこその想いや予想が全部叩き潰されるの本当にやばい。
人によってはこの時点で自害してもおかしくないレベル。

恐らく、53話内でナナオがナナを案じてた想いも54話で粉々にされるんだろうなあ……
でもって、鶴岡はそれらを全部見こしてると思ってる。なんてやつだ。

 

ナナオ父は、ナナオの回想で息子の成長を想っている描写がありつつも言葉の所々にひっかかる点があった(ナナオを無能だとストレートに言ってたり)ので、自分の中で判断がしづらかったのですが、世間体を気にするタイプのアレな親でしたね。

思い出の時計の件は、怒りのあまり忘れているのか、本当に頭から抜けているのか…
実は前者なのが54話で判明して後悔するナナオ……普通にありそう。

あと、ナナオ父が鶴岡に島に戻して貰うよう話す素ぶりから、能力者関係の(本当の)事情は全然知らなそうだし、鶴岡自身も何一つ教えて無い可能性?
描写を見るに、鶴岡がこの状態を絶対仕組んでるから、そりゃあ言わないよねと勝手に納得。

 

ナナオの『無能力』どんどん開花して、力を上げてきていますね。
もし、初期でナナオを虐めていたモグオやイキリヤンキーのツネキチが現時点なナナオを見たら、泣くと思う。

今回の医療員とナナオ父にやったのって、人間の身体機能に影響を及ぼす(かなり血が出てたので、脳や血管関係の能力を無効化にした?)ようで、本気を出したらナナサイドに余裕で死者出しまくれそう……

そんな力を持っていながら、7巻時点では自分の手は汚さなかった意味とは?

管理人
管理人

生存してる方が苦しいってある……?
(白目)

ナナオは今回の父親の件、恐らく次でナナの件を知り歪んでしまいそうですね。

鶴岡がナナオをどうしたいのかが、まだ確定していないため、そのあたりが気になるところ。
ナナの代わりにするのか?
もしくは、ナナと戦わせるのか?

ろくでもないことは確定なのですが、そろそろ鶴岡の本性を知りたい。
(狂人なのか、何かしらの使命や信念があるのか、ただの政府の犬なのか…)