コミックレビュー

【ネタバレあり】無能なナナ58話「モエPART4」→モエの壮絶な過去、祖母との絆。そして、ナナが殺人犯扱い!?

無能なナナ、先月ではモエの祖母・サチヨが想像以上にまずい状態になっていたり、相馬がナナを陥れようと、どす黒いオーラを放っていたりと、様々なところで事件が勃発していた回でした。

ナナにはキョウヤなど、味方がいるものの、モエはサチヨ関係で辛い選択を迫られそうで1ヶ月気が気でない状態でした。

今月では、これまで不明瞭だったモエの過去サチヨとの関係が判明。
鶴岡がサチヨを良くも悪くも気にかける意味が少しだけ分かるかもしれません。
また、心温かくなるシーンが一部ある反面、ナナ側はどんどん状況が悪化しているようで。

相馬とナナの心理戦、それにキョウヤがどう介入するかも気になるところ。

 

本ページでは、58話(モエPART4)の内容および、感想を語っております。
ネタバレ厳禁な方はご注意ください。

↓前回(57話)の感想記事はこちら↓

【ネタバレあり】無能なナナ57話「モエPART3」→疑われるナナと祖母の容体に動揺するモエ…どちらも不幸になる予感しかしない アニメ版・無能なナナ、とんでもなく絶望する締めで終わりましたね(挨拶) あんな最終回されたら、即5巻買いに行くじゃないですか...



無能なナナ 58話のストーリー

3ポイントでまとめてみた58話の展開

  1. モエは祖母のサチヨと血の繋がりが無い。
    過去にモエが親から虐待を受け、福祉に携わるサチヨが引き取った関係であった。
  2. 病院に搬送されたサチヨを茫然とした目で見るモエの一方で、ナナはクラスメイトたちと西条の事故(?)死について話し合っていた。
  3. 途中から合流してきたキョウヤ、セイヤ、相馬と検証を進める中、相馬は西条の部屋から『犯人が分かる証拠』を見つけたと言い出し、ある物をナナだけに見せる。

 

【補足】モエの壮絶な過去とナナの修羅場

幼少期のモエは親から虐待を受けており、心を閉ざしていたが、福祉施設経由でサチヨに引き取られた。
(職員の話的に、サチヨは過去にもたくさんの子供の面倒を見ては、社会に送り出している)

自分は馬鹿な子だから、許可を得られないと水を飲むことも、排泄をすることもしてはいけないと信じきっていたモエは、サチヨの優しさに触れる内に自我を取り戻し、今の性格に至った。

ナナサイドでは、西条の事件に関する調査が進められていた。

事件現場は、人通りが少ない一本道路。
よほどのことが無ければいかないであろうスポット。
なぜ、西条は夜中にそんな場所にいたのだろうか…

考えられるのは『西条が誰かに呼ばれた可能性』

その可能性(=犯人)に繋がる証拠を見つけたと言う相馬が持ってきたのは、西条を呼び出すために使われたらしき手紙だった。

送り主の名はナナと書いており…



【感想】モエの事情を知れば知るほど辛くなっていくど鬼畜っぷり

モエの過去が想像以上に壮絶な回でした。
直接的なきつい表現は無い反面、モエの仕草や所々の台詞でモエ両親のクズっぷりが露呈しまくるの、古屋庵先生の描き方が凄いと思いながらも寒気がしました。
(モエが自分を嘘つきだから~と言ってたシーン、元々両親がアレなのか、モエが何かをやらかしてしまったのかが気になる)

あの鶴岡がやたらと気にする上に、自分を善人だと信じ込ませて死んで欲しいと評するくらなので、サチヨは確実に鶴岡側の人間ではないんだろうなと思っていたものの、モエとのエピソードは涙無しでは見られませんでした。
(今月号を読む人は絶対一人でいる時に読んだ方が良い!)
福祉に携わっているからといって、あそこまで出来る人って中々いないと思うんですよ。

サチヨとモエの事情は、知れば知る度、続きが怖くなりながらも、とてもツボで二人がどんな結末に行くか、本当に楽しみです。

モエはまだ人を殺していないけれど、殺せる技術を既に叩き込まれてるわけだし、更に言えば間接的にコハルを殺したようなものだし……
あと、現時点のモエは無知寄りの思考なので、そのあたりがサチヨの過ちみたいに描かれそうで怖い。

 

そういえば、施設の職員とモエが好物について話してる際、これってモエ、施設内でも虐待されてた感がしたのは私だけでしょうか。
モエが好物を言えないからサポートした的なオチであって欲しい……!!!

 

そして、ナナを陥れようと相馬が偽の証拠を召喚!!!!
最初にナナだけに見せて反応を見るのがこいつらしいですね。

ただ、仮に西条を殺したのがナナだとしても、あんなにガバガバなことしないだろうと思ってるのですが……意外と相馬はうっかり系なのだろうか?
勝確!風呂入ってくる!って言いそうなレベルでドヤってるけど。
(あとこんな、分かりやすい雑な証拠、鶴岡が仕組むはずないので、嘘手紙は相馬が用意したものっぽい?)

でも、モグオをはじめとしたクラスメイトは、相馬に対してかなりビビっているようで、サチコは何らかの事情で相馬には逆らえないっぽいなどあるため、ちょっとした疑いを投下されるだけでナナの状況、一気に悪化しそう。

例の手紙、『待ち合わせ時間(今夜十時)』『待ち合わせ場所(犬探しのポスターが貼られた外灯)』あたりが怪しいなと。
あと、『ナナです』のところがアップで表示されたのもなんかのフラグっぽい?

アリバイおよび、待ち合わせ関係については、モエがいれば何とかなりそうだけど、肝心のモエは暫く合流できないだろうし、ナナが窮地に陥る中でキョウヤがかっこよく論破する展開を信じて一ヶ月、待とうと思います。

管理人
管理人

サチヨの人格が国宝レベルで、泣いた身としては、彼女が鶴岡の望むとおりに死んだら暫く落ち込むかもしれない……。
そして、それをナナオが何らかの形でやったら、私はナナオを絶対に許せなくなりそう。

あと、毎回さりげなくも絶対にサチコが相馬に対してかなり怯えてるやつ。
洒落にならない過去(昔、相馬に脅されて●●されたとか)があったら笑えない…