ゲームレビュー 本・ゲームレビュー

【アプリゲー】狂ったストーカーの償いを操作する異色系ゲーム・償いの時計をプレイしてみた

投稿日:

どクズストーカーの導いた償いを辿る本格ドット絵ミステリーRPG・償いの時計

償いの時計

償いの時計
開発元:Daigo Sato
無料
posted with アプリーチ

このゲームがオススメのユーザー

  • 頭を使うギミックの凝ったゲームがやりたい
  • 後味の悪いダークなストーリーが好き
  • 30分~1時間ほどでクリアできるお手軽なゲームをプレイしたい

後味が最高に悪い&機能が凝っていると有名なPC用フリーゲーム・償いの時計が、オマケシナリオ付きでアプリゲームデビューしました。

ストーリーは、想いを(一方的に)寄せている女性を衝動的に殺めてしまったストーカー(主人公)が「時間を操作出来る時計」を貰い、償いをする内容。

私自身、PCフリーゲーム時代の償いの時計は軽く知っていた程度で未プレイの状態です。
他のゲームにはない機能も気になりつつ、どれだけ後味悪いんだ!?という興味からインストールしてみました。

後味が悪いというレビューをたくさん拝見した故に「きっと反省しないか開き直るんだろうな」と予想しているのですが、主人公が選ぶ償いの形とは、さてはて…?

 

償いの時計ってどんなゲーム?

償いの時計は主人公(ストーカー)がやらかしたことから始まります。
言動が色々酷いので主人公がどれだけ異常かは数秒で理解できる親切仕様。

失意の中、主人公は黒いローブに身を包んだ人物から時間を巻き戻せる時計を貰うことに。
因みに黒ローブの人物の隣の黒猫ちゃんは今回から追加されたようです。可愛い……

時間を戻せる時計を貰った主人公は「これでまたきみに会えるね」と最高に気持ち悪い発言をして想い人の家に向かいます。
この時点で「絶対に自分が悪い」と気づかないだろうなと予想がつくのが憎たらしいところ。

主人公が想い人の女性を殺す直前からゲームスタート。
時間を操作出来る主人公(操作できる側)は透明人間な状態です。
(現実世界の主人公は、想い人の女性同様にカラーがついた状態で出てきます)

①を押すと時間を操作。
②を押すとヒントを貰うことができます。
(冒頭に出てきた黒猫ちゃんがサポートのため来てくれたそうです)

ヒントは広告を見ると貰えるのですが、広告は数秒で閉じられる(すぐに閉じれる静止画or動画)のでゲームに集中しやすいです。

時計アイコンを押すと時間を進める・戻すの選択肢が表示されます。

時間を操作してると↓画像の赤丸部分のように緑色に光る部分(↓画像ではテレビ)が出てきます。
実はこれらをクリックし、操作することで想い人の命運が大きく変化。

例えば、透明人間の主人公がテレビをつけると、現実世界では急にテレビがつくという仕様です。

ここではテレビが急についたことで、現実世界の主人公が驚きその瞬間に想い人である女性が逃げます。
そうすることで冒頭のように想い人は殺されずに済むので未来が変わっていくことに。

ドアをあけたり、家具を動かしたりして想い人を助けていく(時には何もしないで行動を見守るのも手)のですが、様々な結末を見ていく内に「自分はどうするべきか?」と主人公が自分自身に語りかけだします。

その後、今まで選択できなかったアイテムが選択できるようになり……

真エンディング後はPC版には無かった追加シナリオがプレイできます。

追加シナリオでは、
主人公が自らの罪をどう感じているのか?
新しく出会う友人との交流で主人公の心はどんな風に変わるのか?
被害者女性(主人公の想い人)の家族は主人公をどう思っているのか?

などを見ることができます。
因みに追加シナリオも終盤の選択肢によって結末が変わりますので色々試してみてください。

 

プレイした感想

評判通り、後味の悪いゲームでした。
主人公の償いは決して償いではなく、開き直りに感じ、作中で想い人から「逃げているだけ」と指摘されたのが尤もだと感じた次第です。

現実世界の主人公がやらかす前に逮捕される結末(操作次第で見れるエンディングの1つ)で納得すれば想い人は死なずにすんだのにね。

操作を間違え、想い人が現実世界の主人公に殺められてしまった際は時間を巻き戻して再プレイができるのですが、その前にやらかしてしまった現実世界の主人公をタップすると気味の悪い台詞を多々吐くのが主人公の性格を物語っているといっても過言ではありません。
(想い人に対する罪悪感は全くなく、利己的かつ気持ち悪い台詞をたくさん呟いてくれます)

追加シナリオでも反省の色は全くなく、悪い意味で一貫性のある主人公だなと思いました。
新しく追加シナリオ用に登場したジャックは愛する人のために手を血に染めた設定のキャラで、自分のためだけに手を血に染めた主人公と対になっているのが非常に興味深かったです。

ベストと思われる追加エンディングはモヤモヤが晴れず逆に後味が悪い始末。
主人公を最初から最後までどクズにしたからこそのモヤモヤなんだろうなと気づいた瞬間、このゲームの凄さを改めて感じました。

ゲーム自体は時間操作&物を操作して現実世界の主人公を妨害する斬新な内容故、とても面白かったです。
似たようなゲームが今後もでるといいなあ…

そういえば、こちらのゲームは無料でできるのですが、クリア時に開発者様へ募金をする投げ銭システムがあります。
次作開発への糧になるとのことなので面白かったらぜひぜひ!

※私は募金できるところを通りすぎてしまったので現在、そこまで行くために再プレイしてます

 

スポンサーリンク

-ゲームレビュー, 本・ゲームレビュー
-, , , , ,

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2018 All Rights Reserved.