食べ物レビュー

ロッテの糖類ゼロお菓子・シュガーフリーチョコレート・ビスケットを食べてみた~本当に砂糖無しなの!?~

投稿日:2018年11月17日 更新日:

FGOのコラボを通じて出会ったお菓子。上手く食べればダイエットのお供にも!?

マスターの皆さん、FGOコラボの成果はどうでしたか?

過去に開催されたFGOコラボは地元のローソンが対象店でなかったため、勝負の土俵にすら上がれなかったヘタレなマスターとなっていました。
(その後、優しい友人が欲しかったマシュクリアファイルを買って来てくれました…圧倒的感謝)

しかし、今回は地元のローソンが2つとも対象店だったため、無事に参加でき、エルキドゥのクリアファイルをお迎え出来ました。

クリアファイルを購入する際、対象のお菓子を3つ買う必要があるのですが
3つの内、2つは名前に惹かれてロッテから販売している
『SugarFreeBiscuits(シュガーフリービスケット)』
『SugarFreeChocolate(シュガーフリーチョコレート)』
を選びました。
糖類ゼロでおいしさを再現したというデブに優しいやつです。
コンビニ・駅の売店限定商品らしいです。地味にレア!!
(残りの1つは糖質・糖類たっぷりの恒例的チョコレートのため割愛)

今回はFGOコラボを機に知った
『SugarFreeBiscuits(シュガーフリービスケット)』
『SugarFreeChocolate(シュガーフリーチョコレート)』
についてをレビューしてみました。

糖類ゼロのお菓子は本当に美味しいのか?
健康的にどうなのか?
ダイエットには向いているのか?など、好き放題語っています。

 


■スポンサーリンク■

 

シュガーフリービスケット&チョコレートを食べてみた

肝心の味→砂糖がなくても十分おいしい・自然とよく噛む食感がGood

お菓子にとって必要不可欠なステータス・おいしさ。
砂糖ゼロであるこの2つがどこまで、従来の砂糖ありお菓子と対抗できるのか…を実際に食べて調べてみました。

 

最初はシュガーフリービスケット。
一口で食べきれる小さいサイズです。

バターミルクエキスと塩が絶妙な味がまじりあっているのが美味。
サクサクタイプでコーヒーや紅茶との相性もバッチリです。
甘さもスッキリしているため、食べやすい感じ。

また、全粒粉(小麦粉と比べて食物繊維・ミネラルなどが多く含まれている物です)が使われているため、食べ応えがあります。
数枚で「食べきった感」を味わえるので、1袋をあけると満腹感に近い気持ちになれました。

 

続いてシュガーフリーチョコレート。
こちらも一口サイズ。

砂糖がなくてもココアパウダーとカカオエキスが自然な甘さを引き出しているため、甘味料感はあまり感じず食せます。
ビター系チョコ好きさんいは申し分ない甘さです。
少しマイルドな口当たりがるのは、大豆胚芽エキスが入っているからかも?
そこそこ歯ごたえがあるので固いチョコ苦手な方はご注意を…

 

どちらの製品にもいえるのが、『歯ごたえ・食べ応え』故に自然とよく噛んで食べれるところが地味にスゴイ。
ビスケットには全粒粉が入っていて、チョコレートは固めとなっているからこその恩恵かと思われます。
美味しいとついすぐに飲み込んでしまいがちなのを防げたり、消化をよくする面では要チェックなポイントかと!

 

カロリーや成分ってどうなの?

おいしいのも大事ですが、成分がどうなのか気になりますよね。
以下では、シュガーフリービスケット・チョコレートのカロリーと成分についてをチェック。

※本項目の糖質関連はロカボの公式サイト(https://locabo.net/)を参考に書いております。

 

まず、ビスケットの方から。

カロリーは1袋/106kcal。
糖質は1袋/15.5g

普通のビスケットは物によりますが、2~3枚ほどで107kcalを余裕で超えるケースが多いため、かなりカロリーは抑えられている商品だと感じました。
糖質は、そこそこの数値なものの、1回の食事に取る数量は『20~40gが適切』とのことなので、他のデザート・お菓子を食べなければ問題ないかと思います。

成分は香料が気になるくらい。
マルチトール・スクラロース、アセスルファムKは人によって賛否あるかと思います。
ただ、スクラロース、アセスルファムKがないと砂糖0の甘さが再現できないので、必要な甘味料であり決して悪ではないと感じました。

 

次にチョコレート。

カロリーは1袋/193kcal。
糖質は1袋/15.8g

ビスケットよりカロリー・糖質共にちょっと多め。
(通常の砂糖いっぱいなチョコレートは1袋で300とか400kcalを平気で超えるので、十分抑えられてはいますが)
1袋一気に食べるより何回かに分けて食す方がいいかもしれません。

成分は、光沢剤や増粘剤(アラビアガム)あたりが個人的に気になるかな…な感じです。
(ビスケットと同様、甘みを出すために人工甘味料も使われています)
どちらも摂取しすぎなければ問題なし説もあるのでお菓子としてはアリかな。
光沢剤は他のチョコ製品でよく見ますし…気になる方には気になるかも。

因みにビタミンPという成分も入っているのですが、こちらはポリフェノール成分の1種のようです。
毛細血管強化にもなるので、デメリットばかりではないかと思います。

 

総評~糖類ゼロでも甘い・プチダイエットにはかなりオススメ~

糖質は普通にあるため、ガッツリ糖質制限している方のダイエットお菓子には向かない…ものの、よく噛みたくなる食感や糖類が0な面はとても優秀。
※おやつ時に他のお菓子を添え無ければ、許容範囲の糖質です。

ガチダイエット中の方ではなく、
体重維持orプチダイエット中(もしくは無理のないダイエット中)or特にダイエットはしていない方
にはかなりオススメです。

よく噛むことで消化がよくなるのを考えるとストレスの無いダイエットを計画している人にとてもいいのでは、と感じました。
(余談ですが、長野県の歯科医師会によると、よく噛むのは口臭対策にもなるそうです)

味の方は砂糖入ってないの!?って驚くほどにに甘みがありますし、ギトギトした感もないのも高ポイント。
チョコレートが純粋な方にも試していただきたい一品です。

また、冒頭で軽く書きましたが、こちらは両方とも『コンビニ・駅内の売店商品』となっています。

Amazonなどの通販サイトで検索しても表示されなかったので気になる方はコンビニ・最寄りの駅内売店で探してみてください。
管理人の田舎寄りな地元コンビニでもちゃんとあったので、大丈夫…なはず。

 

スポンサーリンク

-食べ物レビュー
-, , , ,

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2019 All Rights Reserved.