本・ゲームレビュー

こじれたココロのほぐし方を読んで自分のことがちょっと好きになった話

投稿日:

気軽に始められる心のストレッチ方法を知りたい方にオススメ!

「こじれたココロのほぐし方」がオススメな人

  • 今の自分があまり好きでなく、ネガティブになりがち
  • 精神科に行ったり、薬に頼る前に自分で心を解す方法を知りたい
    (簡単に実践できる方法がたくさん掲載されています)
  • ストレス疲れが酷いので、難しい本は読みたくない
    (カウンセラーの先生がシンプルに分かりやすく文章をまとめてくれています)

『こじれたココロのほぐし方』は、カウンセラー・根本裕幸さん(人気のカウンセラーさんのようで、カウンセリングサービスの予約は数ヶ月待ちになっているとか!?)が「疲れていても読める心のほぐしかた(1週間で実感可能!)」をテーマにし、出された本です。

「どうせ私なんて」「なんで思い通りにならないの?」「ストレスが溜まりすぎて辛い」「自分が好きになれない」など、学校・仕事先・家庭で定期的に起こってしまうイライラを、スッと解すことができる方法が多数記載。

中盤の実践系(紙に書くことでイライラを自然と軽減させられるもの)では分かりやすい例も載っており、体力・精神が疲れていても気軽に読み終えることができるのが大きい魅力です。

 

私のイチオシ、ほぐし方法は「毎日5つ自分を褒める」

こちらの本に載っている『心の解し方』は、どれもすぐに始められ重宝するのですが、私が実践して尤も効果を感じられたのは『1日5つ自分をほめる習慣』という方法でした。

内容はほぼ、言葉通り、毎日5つ自分を褒めること。

「出かける際にお化粧をした」「夕飯のおかずを●品手作りにした」「本を●ページ読んだ」「人に絵を褒めて貰った」「●●されたけど怒るのを堪えた」など、本当に些細なことでOKなので、1日の終わりに5つ、ノートに書いていくだけです。

数週間~1ヵ月続けて行くと「あ、意外と私これ頑張ってる」「前より成長してる」などの変化が感じられ、少しずつ焦りが消えていくそうです。
私は、1週間ほどやって書いたものを見返したら『なんだかんだで家事ができてる』『体調悪い日なのに結構タスクこなしてるじゃん!』『私、わりと頑張れてるなあ』とちょっと嬉しい気分になり、そのまま続いている状態です。

昔、備忘録を兼ねて日記を付けていたのですが、日記だと好きなだけ文章がかけてしまう故、どうしてもネガティブなことを書いてしまい、酷い時期は鬱日記状態になり、止めてしまった過去があったりします。

1日5つ自分を褒める方法では、『ポジティブなことだけを書く』が大前提なので、書いてる時も見直している時もネガティブさが皆無となるのがノーストレスでいいのかも。
少なくとも私にはとってもあった内容でした。

モモコ(管理人)

他には
・足の裏に意識を向けることで自分の今ある幸せを知る方法
・嫉妬を『ある言葉』に変えるだけでイライラが消せる
・『自称人見知り』は意識を変えれば変えられる
・3つのキーワードを言わないようにするとポジティブになれる

などなど、シンプルだけれど心にぐっと来る方法が掲載されています。
メンタル系の本は難しい物も多く疲れている時にはどうしても読めなくなってしまいますが、こちらは分かりやすい文章構成ですので夜にパラッと読むことも可能です。

お薬などを始める前にまず、こちらでストレスケアの実践をしてみては如何でしょうか?

 

スポンサーリンク

-本・ゲームレビュー
-, ,

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2018 All Rights Reserved.