コミックレビュー 本・ゲームレビュー

【漫画】無情に変わりゆく心の描写は健在! 「金魚妻2」を読んだ感想

投稿日:2017年9月11日 更新日:

音もなく、流れるように変わる心理描写、再び・金魚妻2(黒澤R)

以前レビューをした金魚妻の続編が出たのを知り、購入しました。
(因みに2からでも読める内容です)

金魚妻2は、様々な環境にいる人妻たちが紆余曲折を経て夫以外の人物へ心変わりしていくストーリーです。

ただ夫がアレ一辺倒というだけでなく(アレな夫もいますが)妻の価値観や望みが軸となり心が移りゆくので残酷性がより増しているのが特徴。

私自身、リアル浮気は断固としてありえない派なのですが、黒澤Rさんが描かれるキャラクターの描写が大変好みで1の時から読んでいるユーザーだったりします。

キレイなイラストとゆっくり、無慈悲に人の心が移り変わる雰囲気は相変わらずでした。

 

※前作・金魚妻のレビュー記事はこちら※

【漫画】心変わりを綺麗かつ残酷に表現「金魚妻」を読んだ感想

キャラクター描写が絶妙な漫画・金魚妻(黒澤R) ネットサーフィン中、広告に惹かれて読了。 「4人の人妻が旦那以外の男性に心変わりするまでのエピソード」という一見ありがちな内容ながらも、キャラクターの台 ...

続きを見る

 

各エピソードのざっくり感想(そこそこネタバレあり)

  • 頭痛妻
  • 芳香妻
  • 園芸妻
  • 金魚妻2
  • 弁当妻 その後

が収録されています。
「金魚妻2」と「弁当妻 その後」は前作の金魚妻に収録されているアフターストーリーに位置する物となっているので前作を読んでいるとより楽しくページをめくれる仕様。

前作と比べ、ミステリーおよび非日常系のストーリーが高い比率となっているので読み応えがある内容となっております。
ダーク系な話好きにはいいかも。

本ページでは「頭痛妻」「金魚妻2」について軽いネタバレを交えながらレビューしていきたいと思います。
(他の3作についても最後にざっくり語っております)

ネタバレしてますが、核心は伏せている……つもりです。

 

頭痛妻

主人公はタワーマンションに住む、社長夫人の田口慈子。
彼女の浮気相手はホームレスのタクゾー。

飼い犬の散歩中、慈子の手から離れてしまった犬を助けて貰い交流を深めていくうちに関係を持ってしまいます。
タクゾーが元セレブ暮らしの経験があることや、慈子が見た目とは異なりサバイバル性の強いことなど、互いの意外性が刺激し合って……な身分差浮気物かと思っていましたが、中盤から怒涛の展開に。

慈子はタイトルの通り、頭痛持ちなのですが頭痛に加えて半年前、経験したトラウマが原因で記憶障害があることが分かります。
彼女の中で抜け落ちた記憶が作中の大きなピースとなっていて……

タクゾーが慈子に何度も夫についてを問う真意、慈子の息子・春斗のさりげない言葉や、慈子の飼い犬がタクゾーには懐く理由など序盤から終盤にかけて真実の欠片がたくさん散りばめられているのが非常に見所がありました。

個人的に真実を知っている慈子の息子・春斗が達観しすぎていて彼のメンタルが逆に心配になってしまったり……
ある意味達観しているからこそ、大丈夫……なんだろうか。
(春斗の性格形成を考えると田口夫妻は親として、かなりダメな部類ではという解釈も)

タクゾーは他の金魚妻ストーリーでは異色なポジション(ネタバレのため、詳細は自重)なせいかキャラクターが濃く、結構好きだったりします。

頭痛妻は慈子が真実の一欠けらに触れてしまうところで締め括られるのですが、今後が非常に気になるので金魚妻3が出たら是非続きをみたいと熱く望む話でした。

 

金魚妻2

前作の金魚妻に登場した主人公・平賀さくらのアフターストーリーです。
続きが気になる中で終わった話の続きとあって、一番ワクワクしながら読みました。

さくらは夫の浮気を知り、失意した矢先に自分を優しく包んでくれるイケオジな金魚屋の店長と関係を結びます。
(1で分かりますが、金魚屋の店長は過去に不倫経験がある人です)
いつでも好きなだけ居て良いと言ってくれる金魚屋の店長の所へ住み、さくらの夫はさくらを探しだすところで前作は終わっているんですよね。

今回の続編では、さくらの夫がさくらを探し続けている上、金魚屋でさくらと同じ名前の金魚を買う姿をさくらが見てしまいます。
もしかして夫は反省していて、まだ自分に情があるのでは?という気持ちが芽生えたせいか、金魚屋の店長と情事をしている最中、夫の名前を呟いてしまい……

金魚屋の店長は「まだやり直せるかもしれないから、戻っていいんだよ?」とさくらに問いかけてくれます。
彼も過去に色々あったからこその言葉だったんだろうなと感じました。

冒頭のページで、さくら夫の本性が察せるので「帰ったら絶対にまずいだろ」と思ったら案の定の流れで心が痛くなるページが続くのですが最後はさくらにとってはハッピーエンドで締め括られるので、さくらの行く末が気になる方は必見です。

いやー、さくら夫の改心に期待してましたが全然そんなことなかったですね!
金魚妻シリーズの夫キャラでトップクラスの酷い男でした。
(園芸妻の夫はヤバすぎるので個人的に別枠です)

終盤にさくら母が、さくら夫にスッキリするほど辛辣な対応をするシーンが地味にお気に入り。
(さくら父も温厚ながらグサっとしたことを言ってくれるのでWでスッキリです)

もし、さくらが金魚屋の店長に出会わなくても浮気の旨を両親に相談したらさくら両親が全力でさくら夫を叩きつぶしてくれたんじゃないかと思います(笑)

他エピソードについて+余談

「芳香妻」は一夜限りの関係をテーマにした内容で他に比べると浮気性は低い(といっても浮気ですが)に加え後味は最も良い内容だなと感じました。
ただ、主人公&融(主人公と一夜の関係を持った男)が仮に再会したらどうなるんだろうな?というハラハラ感が残ってるのが「さすが黒澤さん!」と感じずにはいられませんでした。
(なんとなく主人公側に未練があるように見えたので)

「園芸妻」は主人公の夫が出て来た瞬間「コイツは絶対にヤバい(確信)」と思う位、インパクトがすごかったです。
……これは浮気相手の夫弟と結ばれて良かったんじゃないかな?
オチは相当ダーク。
でも、紀里(主人公夫妻の娘)の将来を考えると良かったのではと思います。
主人公夫が生きてたら、紀里は●●ビデオの餌食にされてるかもしれないし、父娘間の仲は最悪以前でしたしね。
非日常な背景からサスペンスホラー物としても楽しめる印象でした。

「弁当妻 その後」は短編ながらアダルト性が相変わらず強い(笑)
行為がほとんどな内容ながら、上司の妻を寝取ってしまった津多の抱える闇が垣間見え、ゾッとしました。
津多は過去に寝取られ経験がある上、今回寝取る側になってしまったことから第二の太郎(上司)になりそうな気もするんですが考えすぎかな?
太郎は間違えなく変態ですが嫌いになれない不思議なキャラだなと改めて感じた次第。

*****

余談ですが、おまけページの「黒澤さん(作者様)は漫画でクソみたいな夫キャラばかり描いているけど、黒澤さんの旦那さんはそれについてどう思っているの?」という質問に声を出して笑ってしまいました。
いや、私も同じことを思ってたので……
おまけページを見る限り、黒澤さんの旦那さんは作中のアレな夫たちと違い、凄く寛大な方のようで安心したのはここだけの話。

 

金魚妻2を安全かつ無料で読む方法

U-NEXTという動画(アニメ・ドラマなど)見放題&雑誌見放題サイトが現在、特別キャンペーンを実施してます。
「31日間、U-NEXTを無料使用して気にいったら登録してくださいね」という内容。

お試し登録すると特典で600円分のポイントが貰えるので実質、金魚妻2が無料で読めます。

本登録後も毎月、数冊コミックが読めるポイントが貰えるので動画・雑誌・コミックと手広くお得に情報収集したい方にオススメなサービスです。

U-NEXTのお得な「31日間無料トライアル」のお申し込みはこちらから

(サービスが合わなく、お試し期間に解約しても月額費はもちろん、本の代金を請求されることはありませんのでお気軽に試せます)

 

金魚妻2はamazonなどからでも購入可能♪

スポンサーリンク

-コミックレビュー, 本・ゲームレビュー
-, , , , ,

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2018 All Rights Reserved.