喪女の懸賞生活

懸賞応募生活・2020年3月結果(当選数→1)|来月は雑誌懸賞にもチャレンジ!

懸賞応募の記録をしっかり付けよう!と思い立ち、約1ヶ月が経過しました。
改めて記録付けると、現状を把握しやすくて良い!と思いつつ当選数少ないと言う現実が…

まだだ、まだ終わらんよ!
※某バジーナの声で

今年の目標は去年以上のプラス(トータル8万以上)を出すことなので、引き続き頑張ります。

……ということで、以下では、2020年3月の当選結果・応募数、次回からチャレンジしようと思っていることなどを掲載しております。

劇的な結果は出ていませんが、何かの参考になれば……


■スポンサーリンク■


2020年3月の懸賞活動・結果

当選数→1件(約1,000円)

今月の当選は1件のみ。

ネットのアンケートで1,000円分のAmazonギフトをゲット。
(お風呂や虫対策など、我が家で幅広く活躍してくれている木酢の補充時に使わせていただきました)

総額 1,000円です。

1件だけなのは寂しいものの、今年になってからイマイチ当選しない日々を過ごしている身なので、当選メールをいただいた時はかなり喜びました。
(Amazonギフト券は、何を買うにしろ使えるので、実用性的にはトップクラス!)

来月は少なくとも、1件以上の当選がきますように…

応募数は合計129通

ハガキを使った応募
→60通
(内、クローズド:9件、アンケート:2件)

インターネット経由での応募
→69通
(内、Twitter・instagram懸賞は25件)


合計129通の応募をしました。

2月末にアップした記事『ハガキ懸賞を少なくとも50件以上応募』は達成。

無理やり50件以上いった訳ではなく、応募忘れを防いだり(手帳に応募期限を書いたりした)気になったものは積極的に応募したりしての結果です。

あと記録を定期的にとったのもやっぱり大きいかなと。

クローズドは、冷凍食品・ホクト(きのこ)・マツキヨ・ベビースターなどから。
ホクトはコツコツためて、ソニーのワイヤレスイヤホン狙いました。
ワイヤレスイヤホン、憧れなので当たっているといいな。

インターネット経由は、応募用のTwitterアカウントを作っていくつか応募をしてみました。
(時間が出来た時や、見かけた時にする程度)

因みに、即結果が返ってくる系は全滅しました。
あのタイプは当たったことがないので、いつか当選報告したい…

懸賞情報は
地元スーパー、コンビニ、SNS、情報サイト、懸賞なび、懸賞王国から入手しました。

感想・反省点・次月からやること

今月から当選数と応募数を記録したところ、現在の状況が客観的に見れるようになりました。
自分が何経由の懸賞に応募しているのかもすぐ分かるので、今後も記録を積み重ねていきたいです。

反省点は、Twitter懸賞を少しやってみたものの、短時間で飽きてあまり参加できなかったところです。
RTでの当選は1度あるので、やればいつかは当たると思ってはいるのですが、中々モチベーションが……
引き続き、空いた時間を見つけては応募していきたいです。
(有名ケーマーさんのTwitterアカウントを拝見したところ、かなり積極的に応募されてるので見習いたい)

また、クローズド懸賞では、キャンペーンの対象店舗が限られているのにも関わらず、別の店舗でのレシートを使いそうになったことも。
(商品自体は大体のお店で見かける物だったので)
もしかすると、過去にも気づかず同じことをして当選以前の結果になってた可能性が…
次回からは、対象店舗もしっかりチェックしておくようにします。

あと、モナ王のクローズド懸賞がはじまったのでアイス食べまくりながら応募していきたいです。
モナ王懸賞は、締め切りが長い上に、1点でも2,000円分クオカに応募できるのありがたい…
できれば、JTB旅行券10万円分にも応募したいところ。

来月からは、雑誌アンケートを積極的にやっていきたいと考え中。
雑誌関係(懸賞なびは除く)はハガキ1件+ネット経由2件と意外と少ないんですよね。

あと、元々、マンガを読むのが好きなので、アンケートで推し作家さんを応援しながら懸賞ができれば(+好きなマンガがリアタイで追いたい)という、オタクな理由だったり。

近年のマンガ系雑誌のアンケート(懸賞)は、ハガキ応募・ネット応募と別れているようなので、メモをとっていつかブログにアップしたいです。