お店の口コミ

ガンダムファンの新聖地・ガンダムベース東京のガンプラ愛が凄かった!

投稿日:2018年10月1日 更新日:

ガンプラ好きの血が騒ぐガンダムベース東京は、初心者こみこみで楽しめる良スポットでした!

2018年8月19日、ダイバーシティ東京プラザの7階にTHE GUNDAM BASE TOKYO(以下、ガンダムベース東京にて記載)というガンダム好き向けの施設がオープンしました。

過去、ガンダム関連の映像が見れたりするガンダムフロント東京が一時閉鎖してからのリニューアルだそうです。
ガンダムフロント東京内で観れた映像コンテンツなどは撤去されており、『ガンプラのすべてがここにある』をテーマにガンプラ関連に特化した施設となりました。
(ガンダムフロント東京は有料でしたが、ガンダムベース東京は入場料なしで入れます)

 

ガノタとしては行ってみたい!と思い、先日、お台場へ突撃してきました。
「ガンダムベース東京が面白かったよ」的な内容をお伝えできれば幸いです。

※ガンダムベース東京はガンプラ・ガンダムグッズも多く撮り揃っているのが魅力ですが、今回はガンプラ関連についてをメインに取り上げています。

スポンサーリンク

ガンプラの知識が体感できる「ファクトリーゾーン」

ガンダムベース東京内で最も、見所があるスポット(管理人の中で)。
ガンプラ工場である静岡ホビーセンターを再現しているコーナーです。

工場のミニチュアや、実際に使われている金型などを見ることができ、男のロマン(もちろん、女性のロマンもつまってます!)たっぷりの場所となっています。

 

工場のミニチュアはかなり細かく、よく見るとガンダムのポスターがあったりと眺めているだけで時間をガッツリ費やせます。

 

金型に流し込む前のポリスチレンというプラスチックは実際に触ることも可能。
ガンプラの元を手に出来るって凄い試みですよね。

 

こちらは、実際にガンプラのパーツを排出する機械とのこと。
UCガンダム(1/144)のヘッド部分のプラモデルが実際に出てくるところが拝めます。

私が行った時には、ビルドダイバーズのコーイチのポップが傍に置いてありました。
(よく見ると、コーイチのポップに担当声優の田丸さんのサインがあり、ビックリしたのはここだけの話)

 

UCガンダム(1/144)のヘッド部分のプラモデルは、実際に貰うこともできます。
パーツ自体は非常に少なく、作りやすい仕様ですが、もったいなくて未だに袋から出せずにいます。

 

他にも実際に使われているガンプラ制作関連の機器がたくさん置いてあります。

また、近くにはガンプラビルダーズワールドカップの入賞者さんたちが作った高クオリティなガンプラも展示されているので併せてのチェックが絶対にオススメです!

 

その場でガンプラを作れる「ビルドルーム」

ガンダムベース東京の人気スポットであるビルドルーム。
ビルドダイバーズでも何度かリクたちがガンプラを作ったりしている場所として出て来た場所です。

ここでは購入したガンプラを組み立てることができます。
無料で利用できる上、ニッパーは貸出してくれるので、手ぶらでOK!
(自分でマイニッパーを持参するのも可能です)

 

1時間、集中してプチッガイとハロを作ってみました。
今まで、グダグダしながらの完成ばかりの人生でしたが、人間……集中すると、結構イケるものなんですねと熱い自画自賛。
積みプラにお悩みの方はここで購入した物を組み立てて帰ると良いかも!?

ビルドルームは、ガンプラを組み立てなくても見学できます。
キャラクターのポップやガンプラ、ガンプラ雑誌が見れるなど、見て回るだけでも楽しめますよ。

ガンプラを組み立てた後は塗装とかもしてみたい!な方用のブース・ペインティングルームも備え付けられています。
(こちらの使用は有料ですが、エアブラシなどガンプラ用のグッズが一通り無料レンタルできます)

仕切りがついた本格派で集中力が更にアップできそう!
また、専門知識のあるスタッフさんもいるので、アドバイスを貰いながら塗装や制作もできます。

ペインティングルーム内はビルドルームと同じく、見学のみでもOKです。
室内には作成されたガンプラがたくさん揃っています。

遊び心のあるガンプラが多いので、インスピレーションが舞い降りるかも?
私は↓の海で遊ぶガンプラたちが非常にツボで、大好きです。

 

 

スポンサーリンク

 

オマケ・UCガンダムを見たり、ガンダムカフェにも行ったよ!

入口では、ユニコーンガンダムがお迎えしてくれます。
以前にそびえ立っていたガンダム(1st)とは違う迫力がありますね。

近くにはユニコーンガンダムと一緒に写真が撮れるフォトスポットもあるため、ガッツリユニコーンガンダムと写りたい方はそちらを利用してみましょう~!

近くのガンダムカフェ(物販もあり)では、ビルドダイバーズのコラボドリンクがありました。
黒板のオーガさんとローズさんめっちゃ上手い!!!
(ちょうど、ビルドダイバーズでローズさんの株が上がっていたのでめっちゃ盛りあがりました)

ドリンクは『コーイチ』と『マギー』を注文。
注文時にコースターを貰えたのですが、ラストワンのコーイチくんコースターを貰いました。
ある意味、ラッキー………………だったのだろうか?
(ラス1だったので、2つドリンク頼んだけど貰えたコースターは1つだけなオチ)

 

モモコ(管理人)

ガンプラはめっちゃ初心者なんですが、モチベーションや「こんなアレンジやってみたい!」など意欲が自然とぐんぐん上がる素敵な施設になってて感動しました。
(ガンダムフロント東京時代は入場料などがネックで2回くらいしかいかずに終わってしまった…)

最終的に、ガンダムベース東京は私にとってモチベ(ガンプラ制作的な意味)が欲しい時に行きたいスポットになりました。

実はガンプラに関してはかなり前にベアッガイ(たぶん、ビルドファイターズを観た勢いで組み立てた)で超御無沙汰なので、熱が冷めぬうちに色々作っていきたいですね。

特にプチッガイは、敷居が低いだけでなくカスタマイズも無限大となっているため、極めたいところ……!

 

↓更にオマケ↓

逆襲のシャアワールドという企画がやっていてたので、サザビー立像が拝めました。
写真がボヤけ気味でアレですが、実物はめっちゃかっこよかったです!
(資料の展示はメインキャラだけって感じでしたが、逆シャア系のモビルスーツフル展示はかなり熱かったです)

 

ガンダムベース東京が気になる方はこちら

アクセス・営業時間やお知らせなどは公式ホームページに随時、記載されています。
ゆりかもめの台場駅から約10分くらいで行けるため、暑い日・寒い日でも行きやすいのがありがたいポイント!

ガンダムベース東京が入っているダイバーシティ東京は、ショッピングおよび飲食できるお店がたっぷりあるので1日時間を潰すことがたやすい場所でもあったりします。

 

スポンサーリンク

-お店の口コミ
-, , ,

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2018 All Rights Reserved.