本・ゲームレビュー

【本】意識の高い主婦から学ぶ「朝2時起きで、なんでもできる!」 ~モチベーション維持編~

投稿日:

難関な壁にぶつかるためのパワフル努力法を学びたい方に!

朝2時起きで、なんでもできる!は夜20時に寝て、深夜2時に起き、ご主人と子供が寝ている約4~5時間をひたすらに利用するという斬新的な努力を積み重ねて同時通訳者(話者の話を聞くとほぼ同時に訳出を行う通訳の花形/wikipediaより引用)になる夢を叶えた主婦・枝廣 淳子さんが書かれた夢・目標・やりたいことを叶えるためのノウハウ本です。

こちらの本、「普通の主婦でもできる」という謳い文句があるものの枝廣さん自身が「普通の主婦でない」(東大卒・ご主人が高収入をはじめ恵まれた環境)故に一部の方からつっこまれているらしいですが、枝廣さんがストレスを極力排除し、モチベーションを落とさず同時通訳者として仕事をするまでの積み重ねは「普通の人でもできる」物となっています。

今回はこの本で学んだモチベーションを維持する方法をピックアップしてみました。

視覚勉強や趣味の努力、仕事関連……
一定の期間、しっかりとした集中力が要される方には必見!

私自身、モチベーションのムラが非常に激しいので参考にしていきたいなと思っております。

 

モチベーションを安定して維持させるヒント

以下では私がこの本を読んで「実行すればモチベーションを安定させられそうだ」と感じた物をまとめております。
自分自身が感じた文章とミックスしての内容ですので、詳細は本を読んでチェックすることをオススメします。
(もちろん、本にはここに書いてある以外のモチベーション維持のヒントも載っています)

学校でお馴染みの「学期」を作る

卒業済みの方には懐かしの学期。
数ヶ月に一回、自身を見直し、目標を立て直すことで進捗を客観的に見れるようになり、今いる現在地を知ることができます。

設定した学期ごとにノートへ目標を書き、次の学期では、その目標をどれだけ達成できているかや反省点・成功点などを書く……を繰り返すことで一定のリズムが自然と作れるようになるとのこと。

また、自分の成長を形として知れることで成長への実感をより感じられることから「次も頑張るぞ」という気持ちへと進みやすくなります。
ダイエットでも「毎日体重を量る方が細かい変化を知れて良い」という話をよく聞きますが勉強にも当てはまるようですね。

学期を作るに伴い、自分用のリズムを作る

学期制を設けることで期限付きの目標が発生します。
目標を達成させる、また、達成できなくても次で成功させるために学期よりもさらに細かい周期で自身の行動をチェックしましょう。

例えば「1ページの問題を解くのにどれくらいの時間がかかるか?」「●ページの本を読むには何分かかる?」という時間が発生する行動を常日頃からストップウォッチで図ることで「目標を達成するには●日かかる」など、目標の立て方が少しずつ堅実な物へとなっていきます。

更に、やっていることを細かく確認することで「あれをやっておけば良かった」という後悔予防もできるのが嬉しいところ。
同じ作業を何度もやるときは、ストップウォッチで自己ベストを更新するゲーム感覚でやると遊び心が交り、作業が楽しくなるのでオススメです。

小さい進捗を発見すれば、モチベーションは続きやすい

学期制をつくる際に「目標」を作るとかきましたが、大きい目標を1だけ作るのではなく、小さいゴールをたくさん作っておきます。
そうすることで小さくともコツコツ蓄積される充実感ができ、モチベーションが落ちにくくなります。

辛い時は、今まで達成できたプチゴールを見直すと「もう1歩頑張ってみよう」という気持ちになるので、落ち込み対策としてもバッチリ。

モモコ(管理人)

一定周期で自身の進捗を見れるようにする環境作りがモチベーション維持のポイントなのかなと感じました。
ノートに書くことでその時感じた「良かったこと・悪かったこと・改善点」が記憶から消えにくくなるのも私としてはありがたいです。
(特に学校に通わず独学で学ぶ方にはとても良いのではないでしょうか?)

学期を作る手法はシンプルながらも自分を見直す最善な方法なのでぜひ実行したいと思っています。

この本関連ではもう1記事、ストレスを溜めずに夢を近付く方法をピックアップした物を掲載予定です。
アップの際は併せて見ていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

-本・ゲームレビュー
-, , , ,

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2018 All Rights Reserved.