コミックレビュー 本・ゲームレビュー

【漫画】笑いながらメンタルを磨ける本!?「マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編」

投稿日:

記事の内容

  • 精神科医・ゆうきゆう先生原作の「マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編」のレビュー記事です
  • 心理の三大巨頭・アドラーの心理学を漫画で分かりやすく(笑いながら)学べます
  • ポジティブになるコツ、辛いをなくすポイントをスッと知りたい方にオススメ!

 

マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編

面白い切り口から「心の中を変えるヒントと勇気」を貰える本。
それが、マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編です。

この本では、心理の三大巨頭と言われるアドラー博士の心理学が漫画形式で進められ、嘘・自己満足・コンプレックスなど身近だけど変えられない心の中に秘めている物についてを見直すことができます。

原作者のゆうきゆう先生と作画のソウ先生は「マンガで分かる心療内科」というデリケートなメンタル知識を面白く学べる漫画シリーズを多数手がけており、読みやすさは折り紙つき。

因みに、マンガで分かる心療内科シリーズは基本的に100%ギャグ漫画で送られていますが、アドラー心理学編は珍しくギャグ要素が約90%と珍しい終わり方になっているので、他シリーズファンは必見!?

Check 以下に当てはまる方は特にオススメ!

  • アドラー心理学が気になってるけど文字をたくさん読むのがおっくう
  • 文庫などでアドラー心理学を勉強したけど、理解できなかった部分がある
  • とりあえず、笑いながら知識をつけられる本が読みたい
  • ネガティブな自分を変えるヒントをみつけたい、自分に自信を持って明るくなりたい
  • ゆうきゆう先生もしくはソウ先生超大好き!!

 

マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編を読んでみて感じたこと

この本を読むと自分が今まで抱いたことのあるネガティブな感情がいくつか取り上げられており、耳が痛かったです。
今まで劣等感=「他人との比較」という印象しかなかったのですが、この本を読み、劣等感=「成長した自分との比較」と思うことで気持ちがぐっと変わるなと思いました。

私は、とある趣味にはまっていましたが色々あった後、「私の下手な製作物が原因で他人を不快にしている」という悩みを拗らせ、趣味自体が嫌いになった経験があります。

この本に書かれている

  • 相手のネガティブな感情は相手の物。それを自分が抱え込む必要はない
  • 「○○だからしない」は結局、したくない行動を正当化するための理由にすぎない
  • 60点でもいい、とにかく作った物は発表しよう。臆病になって自分を出さないのが一番良くない

をしっかり頭に入れると、趣味で苦しんで止めたのは結局「下手で恥ずかしい思いをしたくない」という言い訳を正当化しようと必死になっていたんだなと気づきました。
もっと早く気づいていればなと後悔しつつ、挫折した趣味をまた再開してみようかなと前向きになれました。

本文の読みやすさについては、基本的にスタイリッシュな漫画で説明されますが、各章の最後にまとめ文章があるので、漫画に集中することも心理学に集中することもできます。

アドラー心理学について書かれた本は多々、世に出ているのでこの本で楽しく学習した後は真面目な本で学習すると他の側面が見れて更に知識が得られるかも!?
家に別の方が書かれたアドラー心理学系の本があるので続けて読んでみようかな……

スポンサーリンク

-コミックレビュー, 本・ゲームレビュー

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2018 All Rights Reserved.