スイーツ 食べ物レビュー

許されないニューフェイス!?禁断のはちみつの真相を確かめてみた

投稿日:

のり、カブトムシゼリー、虚無の味……ディストピア飯の名を得た「禁断のはちみつ」を食べてみました

2018年3月27日、meijiから
「まるではちみつをそのままカップに詰めたかのような、おいしさと、まったりとした食感が楽しめるデザート」
をテーマにした禁断のはちみつが販売されました。

こちらのデザート、「午後や夕食後のくつろぎ時間にオススメ」と言われていながら味があまりにも個性的なため、販売して間もなく賛否両論を呼んでいる話題の品となっている模様。

 

Twitterやブログ記事を見ると

  • カブトムシのえさ(カブトムシの気分になれる)
  • のりを食べている気分
  • ディストピア飯
  • 虚無の味

などなど、食べる前から不安しかない口コミが……
実物を食べていないのに批判をするのは何なので実際に食べてみることにしました。

 

スポンサーリンク

禁断のはちみつ、入手までに苦労した件

禁断のハチミツ、まず入手するまでが困難でした。
全国のコンビニなどで買えるとあったので、すぐに出会えるかな…と思ったのですがコンビニ数件回ってようやく発見。

話題になっているが故の人気なのかもしれませんね……

 

禁断のはちみつを食べた結果……

そんなこんなで、無事に「禁断のはちみつ」と対面。
金額は130円+税。
思ったよりお手軽な金額でテンションが上がります。

ゴールドな色使いと、レッド&イエローな文字が上手く溶け込んでてゴージャス!!

さっそく中身を開封。
開けた途端、濃いはちみつの香りが漂います。

感触はドロ……としており、離乳食っぽい感じが。
味はスーパーコンビニで買える濃い目のはちみつ…な印象。
風邪をひいている時にいいかもと一瞬思いましたが、どうなんですかね。
(はちみつは喉の痛みにいいらしいですし)

ぬるっと喉を通るので爽やか系が好きな方にはキツイかも。
ただ、このぬるぬるさが癖になり私は気づいたらハマっていました。
なんというか、ダンガンロンパでいうと狛枝凪斗の「それはちがうよぉ…」的なぬるぬるさ。
(変な例えですみません)

パッケージにこっそり書いてあるので、気づくのに時間がかかるであろうレモンソースが底部に入っています。

このレモンソースとはちみつを一緒に食べるとかなり食べやすくなるので、一口食べた際に「濃すぎてちょっと…」となったらレモンソースを積極的に絡めていくと食べ切れると思います。

このボリュームと濃厚さでカロリーが132kcalなのが衝撃でした。
もっと高いと思ってたので……

ネット(特にTwitter)でネタにされているようですが、好きな人にはたまらない系だと思います。
許す許さないは人による、という「結末は貴方に任せます」系な感じかな。

あのドロドロ・ぬるぬるさが大丈夫なら癖になるかも……
(苦手な方は絶対に回避推奨です)

私個人としては単品というより、パンやクラッカーに付けて食べたら美味しそうだな、と感じるくらい濃い味でした。
単品だけで全て食べると胃にくる。相当くる。

因みにこちらの商品はネット販売していないようですので、気になった方は地元のコンビニやスーパーで探してみてください。
そして、ダンガンロンパクラスタさんは狛枝凪斗感を味わってみてください♪

 

スポンサーリンク

-スイーツ, 食べ物レビュー
-, , , ,

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2018 All Rights Reserved.