ぼやき&生活品レビュー

【雑談】究極の美肌クリーム「ヒルドイド」に規制!? 代わりの商品があるのか調べてみた

投稿日:

安い上に高性能なヒルドイドは今後、規制がかかるかもしれません

インターネット上で噂が広まり、美容マニアを中心に話題を呼んでいるヒルドイドをご存じですか?

元々、アトピーなど「病院でお世話になるレベルの肌トラブルに悩まれている方」の処方用として作られたクリームなのですが、肌の内側をケアしてくれる効果の高さと、コスパの良さから好評の声があがり「数万する美容クリームを買うより良い!」と言われる程になっていました。

これが一般商品ならまだしも、ヒルドイドはあくまで「肌トラブル用」であるものの、「美容用」としての需要が高まりすぎ、医療費の圧迫を招いているようです。

深刻性はかなり高く、ここ数日ではニュースに取り上げられるほど。
今後、規制がかかる可能性が色濃くなってきています。

 

ヒルドイドってそんなに良いの?

ヒルドイドが人気の秘訣は「ヘパリン類似物質」が含まれていること。
ヘパリン類似物質には肌トラブルを解決するだけでなく、美容に繋がる働きが詰まっていることから、究極の美容クリームと言わているようです。
(病院で処方してもらうと1,000円もいかない金額で入手できるとか)

  • とっても低刺激
    (アトピー肌の方がつけられる程の低刺激)
  • 既に荒れてしまった肌を鎮めてくれる
  • 肌を外側・内側どちらも保湿してくれる
  • ストレスや加齢で弱った肌を回復する

私自身、ヒルドイドは持っていませんが実家の家族が肌トラブル(病院で診て貰わないと困るレベルのもの)用に処方されている状態です。
結構昔に少しだけ手に付けさせて貰いました。

テクスチャが非常に柔らかく、浸透が早く、ピリピリもしない。
もちろん、変な臭いはせず……

肌が弱く、市販の化粧水やクリームをつけると逆に肌荒れをしてしまう家族の肌の安定感と合わせて「これは人気になるわ」と感じた次第です。

健康保険組合のコメントを見る限り、「将来、ヒルドイドは保険適用外にすべき」と言われているようですが、本当に肌荒れに困っている方のことを考えると避けてほしいと願わずにはいられません。

 

ヒルドイドに似た商品(ヘパリン類似物質が含まれた物)は市販でも購入できます

ヘパリン類似物質が含まれた市販品は複数存在しています。
美容用にヒルドイドを使用中or美容的に興味ある方は市販での購入を検討してみては如何でしょうか?

HPローション 50mL(第2類医薬品)

近年、ヒルドイドの代わりになる商品として人気急上昇の商品。
赤ちゃんでも使える徹底した低刺激と1,000円前半で買える手軽さが評判を呼んでいます。
クールなパッケージもあわせてグッド。

クリーム版はこちら。

ヘパソフト 薬用 顔ローション(医薬部外品)

顔用のローション。
ピリピリ肌・ヒリヒリ肌どちらでも使えます。
乾燥肌のユーザーさんから多々評判の口コミがあがっているので「周囲で人気のモノ」をお求めの方はこちらがオススメ。

さいきa ローション 30g (第2類医薬品)

トラブル肌だけでなく、粉吹き気味の肌の方にも最適な優しいローション。
無香料・無着色・非ステロイド・弱酸性・パラベンフリー・ノンアルコールとなっており、デリケート肌でも気軽に使える一品。
深刻な肌荒れはしてないけど、皮がむけたり、化粧のノリが悪い方にオススメ。

クリーム版はこちら

ピアソンHPクリーム(第2類医薬品)

じわじわと人気があがっている保湿クリーム。
カサカサ系、かゆみ系を中心にトラブル肌を穏やかにしてくれる逸品です。
ベタ付かない仕様となっているので寝る前でも気軽に使えますよ♪

 

ざっくり商品を調べてみました。
どれも1,000円台で買えるので試しやすい印象です。

寒さが増す中、ガサガサピリピリ肌が悪化する恐れがあるのでどれかを使ってみたいですね。

上記以外にも複数商品はあり、今回の件がきっかけで新商品が開発される可能性は十分にあるかと思います。
今までヒルドイドを使っていたけど、ヒルドイド関連のニュース・記事を見た機に市販品に変えようかなと感じている方は是非、ドラッグストアなどでヘパリン類似物質が含まれたものを探してみては如何でしょうか?

 

スポンサーリンク

-ぼやき&生活品レビュー
-, , , , ,

Copyright© 喪女だけど、色々お試しするよ! , 2018 All Rights Reserved.